おいしい生芋こんにゃくへの道(追肥&除草)

おはようございます!

石井メイドオリジナルの大泉です。

つい先日、植付け作業が無事に終了しました。

今年は長雨にもあたらず、大きなトラブルもなく、なんとか梅雨入り前に終わることができました。

植付け後は追肥、除草作業などをしていきます。

下の写真は追肥作業の様子。

20キロの肥料を背負い、こんにゃく芋が植わっている間に少しずつ均等に撒いていきます。


そしてこんにゃくはというと、6月に入ってから一気に芽がではじめました👍

そこからは早いもので1週間~10日くらいで開葉(葉が開く)しました。


両側の緑は大麦でこんにゃく栽培にはかかせない脇役?です。

緑肥(肥料)としての役割や、土が雨で流れ出るのを防いだり、ほかの雑草を生えにくくしたりといろいろな役割があります。

こんにゃく素人からみたら失礼ながらグロテスク😱

地中からまだら模様の触手が伸びはじめ・・👽



私自身こんにゃく仕事に携わってまだ日が浅いですが、だんだんと愛着がわいてきました笑

このこんにゃく、ちょっと高い?

スーパー脇役食材だけど 主役級の美味しさ これが、本物 石井メイドオリジナル

0コメント

  • 1000 / 1000